SONGS

20. マリンブルーの偶然

作詞:花衣 作曲:堀向直之 編曲:堀向直之

海へと続いてく
夜明けのレールライン
きっと君に 逢える気がして
揺られているよ

あの海辺で 瞳を(心を)
交わした日から 何度も(何度も)
僕ら 約束などないままに
めぐり逢ってきたね

嗚呼 夏がくれる偶然を
願って 逢いに行くよ
窓の向こう 君を呼んで
耳澄ませば 潮騒

マリンブルーの偶然
微笑みあえるよね
心から 願うほど
恋しさが 波のように

レールラインの果て
街が目覚める頃
波打際 朝日の中で
側にいれたら

溢れそうな 想いを(言葉を)
抑えようとも 何度も(何度も)
僕ら 導かれてゆくように
めぐり逢ってきたね

嗚呼 夏がくれる偶然を
運命だと 呼ばせて
朝焼けが 消える前に
君へ想い 伝えたい

マリンブルーの偶然
微笑みあえるよね
心から 願うほど
切なさが 波のように